ザしょうゆフェイス

うっすい顔なんです。

【画面キャプチャ付き】Mastodon(マストドン)のアカウント解説方法

巷で話題のMastodon(マストドン)ですが

アカウント開設の方法を、

細かくキャプチャ付きで説明している記事がなかったので作りました。

ざっくり7ステップです。

 

Mastodonへリンクして、赤枠部分をクリック

f:id:theshoyuface:20170430001143p:plain

 

インスタンスを選択(今回はPixivが運営するPawoo

 赤枠部分の「here」をクリック

f:id:theshoyuface:20170430001515p:plain

③「ctrl+F」でPawooを検索し、クリック

f:id:theshoyuface:20170430001808p:plain

 

f:id:theshoyuface:20170430001817p:plain

④Pawooに遷移し、参加(登録)する

f:id:theshoyuface:20170430001917p:plain

⑤仮参加になる

f:id:theshoyuface:20170430002043p:plain

⑥登録したメールアドレスに確認用のメールが届く

f:id:theshoyuface:20170430002206p:plain

⑦「click here」をクリックすると開設完了

 ※これ以降はその後のキャプチャをただただ貼ります

f:id:theshoyuface:20170430002244p:plain

f:id:theshoyuface:20170430002413p:plain

f:id:theshoyuface:20170430002445p:plain

f:id:theshoyuface:20170430002455p:plain

f:id:theshoyuface:20170430002505p:plain

f:id:theshoyuface:20170430002513p:plain

 

テストトゥートをすると、
さっそくお気に入り登録をしてくれるアカウントが。

f:id:theshoyuface:20170430002521p:plain

 

ざっとこんな感じです。お役に立てれば幸いです。

(私はまだMastodonの楽しさがよくわかってません。。)

 

 

【買ってよかった】薄型 軽量 モバイルバッテリー

以前はmpphieのバッテリーを使用していましたが

さらに薄く、尚且つコードが内臓されているモノを探した結果、

素晴らしいモバイルバッテリーに巡り合いました。

 

バイルバッテリー GMYLE 2500mAh 超薄型カードサイズUSB充電器
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00QQ0VHH8/ref=od_aui_detailpages00?ie=UTF8&psc=1

 f:id:theshoyuface:20170108221300j:plain

 

iPhoneAndroidどちらにも対応していて、コードが内蔵されています。

コスパ(コストパフォーマンス)が非常に髙い商品だと思います。 

 

大きさ、薄さは以下の写真でご確認ください。

f:id:theshoyuface:20170108221334j:plain

f:id:theshoyuface:20170108221357j:plain

f:id:theshoyuface:20170108221317j:plain

ポケットにiPhoneと一緒に入れてもかさばらない薄さ&大きさ。

手ぶら主義のマストアイテムだと思います。

 

初めての献血に行ってみた

2016年の目標の1つ「人生初の献血に行く」を
2017年1月4日に実行してまいりました。(期限守れず)

 

世のため人のためというよりは、

単純に1度はやっておかないとという好奇心が動機です。

 

昼ごはんをしっかり食べて、
近所のスカイツリータウン内10階にある献血ルーム feel へ。

 

内装はこんな感じ。めっちゃキレイ。10階からの眺めも最高です。

 

ちなみに、初めて献血をする場合の持ち物は下記。案外少ない。

  1. 身分証明書(顔写真なしでもOK)
  2. 健康な身体


初めての人が献血を受けるまでの手順を簡単にまとめました。
献血ルーム feelで私が体験した手順です。

  1. 献血受付
  2. 質問回答
  3. 血圧測定
  4. 医師による問診
  5. 血液検査
  6. 休憩(水分補給)
  7. 献血
  8. 休憩(水分補給)
  9. 献血カード受取
  10. しばらく読書して帰宅

細かい手順日本赤十字社のサイトにも書かれてあるので
確認してみてください。

www.jrc.or.jp

 

写真はあまり撮れなかったのですが、献血の様子はこちら。

 

f:id:theshoyuface:20170105200312j:plain

f:id:theshoyuface:20170105200412j:plain

2枚目の写真の左上に見切れてますが、採血中に
タブレット端末が自由に使えるようになっています。

 

ざっくり10分~15分ぐらいで終了
(もっと短かったかも)

 

すぐさま休憩&水分補給を促されます。
私はカプチーノを注文。なかなか美味しい。
お菓子も付いてきました。

f:id:theshoyuface:20170105200821j:plain

 

休憩中に献血カードをもらえます。
献血カードの裏面は、自分の名前や血液型、次回最短で献血可能な日程などが
記載されています。

 

f:id:theshoyuface:20170104210328j:plain

それ以外にもこんなのもらいました。

 

f:id:theshoyuface:20170104210903j:plain

広報誌 『NT(日赤とうきょう)』

 

f:id:theshoyuface:20170104210914j:plain

注意事項や同意書など

 

f:id:theshoyuface:20170104210924j:plain

はぬぅ君のクリアファイル(任意)

 

 

これらを受け取ったら終了です。
15分ぐらい休憩したら自由に帰ってよし!
私は1時間ぐらい読書して帰りました!

 

f:id:theshoyuface:20170105201510j:plain

 

実際に献血を受けるまでに30~40分ぐらい時間がかかったのと、
年始にも関わらず老若男女多くの人が献血に来ていた点は驚きでした!
また3ヵ月後に別の献血ルームに行ってみようと思います。
※1回献血をすると次の献血まで3ヵ月は間を空けないといけません。

 

【おまけ】

ちなみに、何度も献血をおこなった人を表彰する制度もあります。

感謝状やガラス器が記念品として贈られるそうな。

http://www.jrc.or.jp/activity/blood/pdf/kenketsu_20130522-kinenhin.pdf